2014年10月06日

世界は遠い

日本時間、深夜、フランス凱旋門賞がありました。
今年は最強日本馬3頭が出走、と言う事で楽しみにしてました。
が、結果今年も世界の壁は高かったですね。
3歳最強牝馬ハープスターが6着、
世界一レーティング馬ジャスタウェイが8着、
個人的に今の日本最強馬だと思うゴールドシップが14着。
1着には2年連続、連覇のトレヴ。
ハープスターは後方から、末脚でよく追いかけたんですがね、ちょっと距離が足らなかったかな。
それにしてもトレヴの飛び出しは絶妙なタイミングでした。さすが昨年オルフェを差した馬です。
なかなか凱旋門賞で日本馬が勝つには、道のり長いなぁ。

posted by はっちん at 07:16| Comment(0) | 競馬fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。